• YouTubeの
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
_DSC5764-Edit.jpg

 Daisuke Suzuki
Guitarist

_DSC5854-Edit.jpg

Daisuke Suzuki (Guitarist)

​ギタリスト 鈴木 大介

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、ソロ・リサイタルのみならず、現代音楽の初演やアンサンブル、コンチェルトなどでの明晰な解釈力と洗練された技術によって常に注目を集める 。

 近年はジャズやタンゴ奏者との共演や、自作品を中心とするライヴも行い、また編曲作品はCDやコンサート共に好評で、他のギタリスト達にも演奏・録音されている。

 美術作品からインスパイアされたプログラムも多く、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。

 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチの各氏に師事。マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。

 

Since a Japanese composer, Toru Takemitsu described Daisuke Suzuki as “The guitarist whose sound we’ve never heard before,” he has always been took the lead in new generation of musicians today.

 

Born in 1970, Daisuke Suzuki began guitar lessons at the age of eight with Kazuaki Ichimura.  He continued his guitar studies under Shin-ichi Fukuda and Masahiro Ojiri, and also pursued composition with Tetsuo Kawakami and Yoshiomi Nakajima.

 

By the time of his graduation from Waseda University in 1993(majoring in humanism and musicology), Daisuke had already proved his talent with the first prize in the Japan Junior Guitar Education Association’s Competition (1982), the Kanagawa Prefecture New Guitarist Audition (1986) and the Guitar Competition presented by the Yomiuri Newspaper (1989).  Internationally, he was awarded the third prize in the 1992 Maria Canals de Barcelona International Competition for Musical Performance – Guitar Division.

 

Since 1993, Suzuki’s international activities have made him earn greater recognition both in Japan and abroad, beginning with his victory that year at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with “Omàggio a Andrés Segovia” in Italy.  In 1994, his talents were acknowledged by Japan’s Agency for Cultural Affairs, and he won their scholarship to study for one year at Salzburg’s Mozarteum.  While there, he cultivated his knowledge of period, approaching in the Renaissance and Baroque repertoire, under the tutelage of Elliot Fisk and Joaquin Clerch.  Before returning to Japan, his recitals held in Europe, including Austria, Italy, and the Czech Republic, were highly acclaimed.

 

Suzuki often worked closely to music by Toru Takemitsu, and that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1996), as well as in memorial concerts in 1998~2003. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003.

 

Recently, Suzuki gave recitals in Bankokg, Danmark, and Venesuera, and each received has highly acclaimed.

 

Suzuki released numerous recordings which include RITO (1996), Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997), Française , Cheek to Cheek (1998), and 3 CDs of works by Agustín Barrios Mangoré (1999~2001). Hayashi Hikaru :Guitar Concerto ‘Northern Sail’ (2004). In 2005, his recording, Homage to Catalonia(2005), which contains works by Albeniz, Granados, Mompou, and Jose, won National Arts Festival Excellence award.

 

Suzuki plays guitar repertoires in many genres from classical music to modern and Jazz music and performed with many musicians, not only Japanese but musicians from abroad,  such as Brandon Ross, Claude Bolling, Emily Beynon, Herbert Lippert, Kento Nagano, Martin Taylor, and Pirmin Grehl.

Suzuki won Idemitsu Award(2000) and Art encouragement prize for new person from Japan’s Agency for Cultural Affairs(2006)

​Schedule
(ただいま工事中)

丸の内ミュージックフェス☆2022年5月4日東京国際フォーラム シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 から“リベルタンゴ”&“ジャンヌとポール”のリハーサル風景
02:18
Daisuke Suzuki

丸の内ミュージックフェス☆2022年5月4日東京国際フォーラム シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 から“リベルタンゴ”&“ジャンヌとポール”のリハーサル風景

00'50" 付近からの「ジャンヌとポール」はアストル・ピアソラによる9重奏団‘コンフント・ヌエべ’の演奏で有名ですが、5月4日のコンサートではドラムの芳垣安洋さんに参加していただき、ギターも藤本一馬さんとのツイン・ギターでより厚みを増したバンド・サウンドをお届けします。 どうぞお楽しみに!!! チケット情報はこちら!! https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2207026&rlsCd=002&perfCd=004 5月4日 (水・祝) 15:00~17:00120分公演・休憩15分 【小学生以上】 シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 記憶に残るヨーロピアン・シネマ・ミュージックの華やかな旋律を魅惑のサウンドでお届けするコンサート。後半は、アルゼンチンタンゴに革命を起こし、映画音楽との縁も深く、今年没後30年を迎えたアストル・ピアソラの珠玉作品の数々が再現されます。様々なシーンで活躍するミュージシャン達が彩り豊かに闊達で精緻な饗宴を繰り広げます。 【出演】 鈴木大介(アコースティックギター、エレキギター) 北村 聡(バンドネオン) 藤本一馬(アコースティックギター、エレキギター) 青木菜穂子(ピアノ) 吉田 篤(ヴァイオリン) 田辺和弘(ベース) 芳垣安洋(ドラム) 【曲目】 ◯ヨーロッパ映画の旅 J.ウィリアムズ:ヘドウィグのテーマ(『ハリー・ポッターと賢者の石』から) ロータ:『8 1/2』テーマ曲 バカロフ:『イル・ポスティーノ』テーマ曲 ルビーラ原曲/伝承曲:愛のロマンス(『禁じられた遊び』から) ガルデル:ボルベール(帰郷)(『ボルベール』から) スティング&ドミニク・ミラー:シェイプ・オブ・マイ・ハート(『レオン』から) ロータ:ジェルソミーナ〜(『道』から) モリコーネ:『1900』テーマ曲 ○トリビュートtoアストル・ピアソラ ピアソラ:プレパレンセ ピアソラ:デカリシモ ピアソラ:鮫 ピアソラ:アディオス・ノニーノ ピアソラ:革命家 ○饗宴 ガルデル:首の差で(タンゴ・バー』から) モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス(『ニュー・シネマ・パラダイス』から) ピアソラ:オブリビオン(『エンリコ4世』から) バルビエリ:ラスト・タンゴ・イン・パリ(『ラスト・タンゴ・イン・パリ』から) ピアソラ:ジャンヌとポール ピアソラ:リベルタンゴ(『フランティック』『タンゴ・レッスン』から) https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2207026&rlsCd=002&perfCd=004
丸の内ミュージックフェス☆2022年5月4日東京国際フォーラム シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 から“革命家”のリハーサル風景
02:07
Daisuke Suzuki

丸の内ミュージックフェス☆2022年5月4日東京国際フォーラム シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 から“革命家”のリハーサル風景

チケット情報はこちら!! https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2207026&rlsCd=002&perfCd=004 5月4日 (水・祝) 15:00~17:00120分公演・休憩15分 【小学生以上】 シネマ・ミュージックとタンゴの饗宴 記憶に残るヨーロピアン・シネマ・ミュージックの華やかな旋律を魅惑のサウンドでお届けするコンサート。後半は、アルゼンチンタンゴに革命を起こし、映画音楽との縁も深く、今年没後30年を迎えたアストル・ピアソラの珠玉作品の数々が再現されます。様々なシーンで活躍するミュージシャン達が彩り豊かに闊達で精緻な饗宴を繰り広げます。 【出演】 鈴木大介(アコースティックギター、エレキギター) 北村 聡(バンドネオン) 藤本一馬(アコースティックギター、エレキギター) 青木菜穂子(ピアノ) 吉田 篤(ヴァイオリン) 田辺和弘(ベース) 芳垣安洋(ドラム) 【曲目】 ◯ヨーロッパ映画の旅 J.ウィリアムズ:ヘドウィグのテーマ(『ハリー・ポッターと賢者の石』から) ロータ:『8 1/2』テーマ曲 バカロフ:『イル・ポスティーノ』テーマ曲 ルビーラ原曲/伝承曲:愛のロマンス(『禁じられた遊び』から) ガルデル:ボルベール(帰郷)(『ボルベール』から) スティング&ドミニク・ミラー:シェイプ・オブ・マイ・ハート(『レオン』から) ロータ:ジェルソミーナ〜(『道』から) モリコーネ:『1900』テーマ曲 ○トリビュートtoアストル・ピアソラ ピアソラ:プレパレンセ ピアソラ:デカリシモ ピアソラ:鮫 ピアソラ:アディオス・ノニーノ ピアソラ:革命家 ○饗宴 ガルデル:首の差で(タンゴ・バー』から) モリコーネ:ニュー・シネマ・パラダイス(『ニュー・シネマ・パラダイス』から) ピアソラ:オブリビオン(『エンリコ4世』から) バルビエリ:ラスト・タンゴ・イン・パリ(『ラスト・タンゴ・イン・パリ』から) ピアソラ:ジャンヌとポール ピアソラ:リベルタンゴ(『フランティック』『タンゴ・レッスン』から) https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2207026&rlsCd=002&perfCd=004
Mario Gangi : 22 Studi - 2 マリオ・ガンジ:練習曲 No.2
01:26
Daisuke Suzuki

Mario Gangi : 22 Studi - 2 マリオ・ガンジ:練習曲 No.2

Mario Gangi : 22 Studi - 2 マリオ・ガンジ:練習曲 No.2 guitar : Yuichi Imai 2000 (Spruce/Brazilian Rosewood) Etude No.2 by Italian guitarist/composer Mario Gangi (1923-2010). This tune reminds me of some typical Japanese children's songs. We have several kinds of hand playing traditional songs like this with “penta tone” scales. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
Mario Gangi : 22 Studi - 1 マリオ・ガンジ:22の練習曲 No.1
02:04
Daisuke Suzuki

Mario Gangi : 22 Studi - 1 マリオ・ガンジ:22の練習曲 No.1

Mario Gangi (10/05/1923~15/02/2010) : 22 Studi - 1 マリオ・ガンジ:22の練習曲 No.1 guitar : Yuichi Imai (Spruce/Brazilian Rosewood) マリオ・ガンジはローマ生まれのギタリスト/作曲家です。 22の練習曲は「Metodo per Chitarra」(ギター教本)の第3部で、これはその第1番です。 Mario Gangi is a guitarist/composer born in Roma. 22 Etudes are Third part of his “Metodo per Chitarra” Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
Niccolò Paganini : Sonatina M.S.85 No.1
03:27
Daisuke Suzuki

Niccolò Paganini : Sonatina M.S.85 No.1

Niccolò Paganini : Sonatina M.S.85 No.1 guitar : Yuichi Imai 2000 (Spruce/Brazilian Rosewood) 僕の子供の頃はたいていギターを習い始めると初級の終わりくらいにこれを習いましたが、現在はどうなのでしょうか... In my childhood, every Japanese guitar student learned this song ... Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
Benvenuto Terzi (1892-1980) :Nevicata−Pastorale− ベンヴェヌート・テルツィ:雪のパストラーレ
04:49
Daisuke Suzuki

Benvenuto Terzi (1892-1980) :Nevicata−Pastorale− ベンヴェヌート・テルツィ:雪のパストラーレ

Benvenuto Terzi (1892-1980) :Nevicata −Pastorale− ベンヴェヌート・テルツィ:雪のパストラーレ guitar Yuichi Imai 2000 (Spruce/Brazilian Rosewood) 「雪のパストラーレ」は1979年に録音されたウラジミール・ミクルカのレコードで有名になった曲で、原題の「Nevicata−Pastrale− 」のNevicataは「降雪」という意味であるところから「雪のパストラーレ」になったのではないかと思うのですが、詳細はわかりません。僕が中学生くらいの時に流行っていた曲で、以来数十年ぶりに弾きました。 This song is famous for Mr. Vradimir Mikulka's recording in Japan in 1979. Its Japanese title means “Snow Pastorale” maybe because ‘Navicata’ means ‘Snowfall’. I have played this at the first time since I studied this song in my teenage. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
レオナルド・ブラーボ&鈴木大介ギターデュオ・リサイタル 2022年3月4日金曜日 14時〜/18時30分〜@ 日経ホール 第520回 日経ミューズサロン
02:17
Daisuke Suzuki

レオナルド・ブラーボ&鈴木大介ギターデュオ・リサイタル 2022年3月4日金曜日 14時〜/18時30分〜@ 日経ホール 第520回 日経ミューズサロン

第520回日経ミューズサロンレオナルド・ブラーボ&鈴木大介 ギターデュオ・リサイタル ~ジョン・エドワード特別芸術賞を受賞したアルゼンチンギタリスト、ブラーボとアレッサンドリア市国際ギター·コンクール優勝など数々のコンクールで受賞している鈴木による南米からの風~ 2022年3月4日(金)午後2時開演、午後6時30分開演日経ホール (プログラムは一番したです↓) アルゼンチンが世界に誇るギタリスト、レオナルド・ブラーボ。ギタリスト、作曲家として数々の賞を受賞。アルゼンチンを始め南米、北米、ヨーロッパでコンサートを行う。03年来日、04年に日本デビューリサイタル、翌05年ギターソロのコンサートツアーを行い高評を博する。国内、アジアを中心に北米、南米の国々で活動を展開する。鈴木大介は、作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され、マリア·カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター·コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。2人の貴重な初共演コンサートをお楽しみください。 2022年3月4日(金) 午後2時(午後1時30分開場)午後6時30分(午後6時開場) 会場 日経ホール 千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階 入場料 一般 5,000円子供(小学生以上、高校生以下) 2,500円税込・全指定席 ※子供券は日経公演事務局のみで受付 ※本公演は新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインを考慮して開催します。今後のコロナ禍の影響により公演の開催に変更が生じることもあります。 主催 日本経済新聞社 協賛 ファンケル チケット 10月8日(金)10:00AMから発売開始 チケットぴあWEBサイト0570-02-9999(音声認識予約・Pコード:204-733) e+(イープラス)WEBサイト Confetti(カンフェティ)WEBサイト0120-240-540 日経ショップ03-6256-7682 <店頭販売のみ> 日経公演事務局03-5227-4227(平日10:00-18:00) お問い合わせ 日経公演事務局03-5227-4227(平日10:00-18:00) ※チケットは全席指定・税込です。 ※未就学児童のご入場はお断りします。 ※やむを得ない事情により出演者・曲目などが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。 ※公演後有料アーカイブ配信を予定しており、カメラの収録があります。配信に関する詳細は追ってホームページなどで発表します。 ※今後のコロナ禍の影響により公演の開催に変更が生じる場合がございます。ご来場前にホームページをご確認ください。 レオナルド・ブラーボ(ギター) Leonardo Bravo アルゼンチンが世界に誇るギタリスト。 国立ロサリオ大学芸術学部音楽学科修了。ギタリスト、作曲家として数々の賞を受賞。演奏家としてアルゼンチンを始め南米、北米、ヨーロッパでコンサートを行う。2003年来日、04年に日本デビューリサイタル、翌05年ギターソロのコンサートツアーを行い高評を博する。国内でギターソロ、デュオやアンサンブルで演奏を行う他、アジアを中心に北米、南米の国々で活動を展開する。09年、米国マーシャル大学よりジョン・エドワード特別芸術賞を受賞。10年、レオナルド・ブラーボタンゴ楽団を結成。11年よりタンゴの歌詞についての講座を開始する。これまでに独奏、二重奏のCDをリリースする他、指揮者、ディレクター、共演者として多くのCD制作に携わる。中でもCD “El entrevero” と “El alma en la raiz” はイギリスとフランスのギター誌で高く評価されている。08年、ギターを学ぶ人のための作品集“五つの小品”をフォレストヒルエディションより、13年タンゴ名曲編曲集を現代ギター社より出版。レパートリーはクラシック、アルゼンチンタンゴおよびフォルクローレ。とりわけ祖国の音楽であるタンゴ、フォルクローレに造詣が深い。 鈴木大介(ギター) Daisuke Suzuki 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。マリア·カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター·コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。 武満徹、池辺晋一郎、猿谷紀郎、西村朗、伊佐治直、林光ら、多くの作曲家による新作を初演しているほか、都立現代美術館、国立新美術館、ブリヂストン美術館など美術館でのコンサートも数多く行っている。斬新なレパートリーと新鮮な解釈によるアルバム制作はいずれも高い評価を受け、2005年度芸術祭優秀賞(レコード部門)を受賞。ピアソラ没後20年となる2012年に、世界でも例を見ない多重録音による「タンゴ組曲」を収録した「アディオス·ノニーノ~アストル·ピアソラ作品集」をリリース。最新作は、2020年3月にART INFINIより発売された「シューベルトを讃えて」。第10回出光音楽賞、平成17年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。洗足学園音楽大学客員教授。横浜生まれ。 プログラム Fandango  Santiago de Murcia Leonardo Bravo Solo La 7 de abril. Traditional Argentina El dia que me quieras. C. Gardel Zamba de Vargas. Traditional Argentina Villancicos de Navidad Traditional Argentina 3 Pieces Latinoamericanas (Based on Argentinean music) Danza del Altiplano Cancion Tango (La muerte del angel) Daisuke Suzuki & Leonardo Bravo Duo El Choclo A. Villoldo Por una cabeza. C. Gardel De vuelta y media. M. Barbeiri   ————————————— 2 Part Daisuke san solo Don Julio. J.S.Sagreras (2'40") El Chaná. J.S.Sagreras (2'30") Ay,Ay,Ay. Freire~Barrios (2'40") Don Pérez Freire. A. Barrios (4'30") Aconquija (4'00") Aire de Zamba. A.Barrios (2'40") Daisuke Suzuki & Leonardo Bravo Duo Lo que vendrá A. Piazzolla Malambo. A. Ginastera 
6 Waltzes from Franz Schubert  : 36 Originaltanze, Op. 9, D. 365, "Erste Walzer" (No.1/2/4/6/34/36)
05:49
Daisuke Suzuki

6 Waltzes from Franz Schubert : 36 Originaltanze, Op. 9, D. 365, "Erste Walzer" (No.1/2/4/6/34/36)

6 Waltzes (No.1/2/4/6/34/36) From Franz Schubert : 36 Originaltanze, Op. 9, D. 365, "Erste Walzer" フランツ・シューベルト:36の独創的舞曲集 Op.9 D.365 より 6つのワルツ (No.1/2/4/6/34/36) 編曲&演奏 鈴木大介 guitar : Yuichi Imai 2000 (Spruce/Brazilian Rosewood) フランツ・シューベルトが最初に出版した舞曲集から6曲を選んでギターで演奏しています。 この舞曲集の36曲のワルツの中では第2番が「悲しみのワルツ 」としてとくに有名です。 早いところではアントン・ディアベリがこの中から15曲を選び、フルートまたはヴァイオリンとギターのために編曲して出版していました。ディアベリ編での順番は No.1/19/20/21/6/2/3/4/16/23/7/11/12/9/10 でした。 アンドレス・セゴビアもNo.1/2/6の3曲を選んで編曲しています。 また、イョラン・セルシェルもいくつかの曲を独奏用に編曲して演奏しています。 Arrangement from Schubert's first published waltzes. Anton Diabelli had arranged 15 dances (No.1/19/20/21/6/2/3/4/16/23/7/11/12/9/10) for Flute or violin and guitar in the days of composer. Andres Segovia arranged and played 3 of them (No.1/2/6). Also Maestro Göran Sollcher recorded 2 of them (No.2/36) Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
2 Arias from “Ghiribizzi”  La ci darem la mano / Nel cor più non mi sento arr. by Niccolò Paganini
04:55
Daisuke Suzuki

2 Arias from “Ghiribizzi” La ci darem la mano / Nel cor più non mi sento arr. by Niccolò Paganini

2 Arias from “Ghiribizzi” Wolfgang Amadeus Mozart : La ci darem la mano Giovanni Paisiello : Nel cor più non mi sento arr. by Niccolò Paganini guitar : Yuichi Imai 2000 (Spruce / Brazilian Rosewood) パガニーニの「ギリビッツィ」(気まぐれ)は、ナポリの少女のために書いた43の小曲集で、音楽的にも優れ、教育的な価値もあり、同時にほどほどの技術で弾けるように書かれた、いわばパガニーニ版ギターのための「子供のアルバム」のような作品です。 この曲集には、パガニーニ 本人の自作や、当時有名だった旋律からの編曲も含みますが、その中でもとりわけ親しみやすいのは、このモーツァルトによる歌劇『ドン・ジョヴァンニ』からの「お手をどうぞ」と、パイジェッロ による歌劇『水車小屋の娘』からの「うつろな心」です。どちらもとても自由な、おそらく耳にしたものの記憶をそのままギターで弾いてみたような編曲で、「お手をどうぞ」の中間部はパガニーニのオリジナルだと思います。「うつろな心」は、パガニーニ は他の作品のテーマとしても取り上げています。 ところでパガニーニ はこのパイジェッロ の曲名を“Nel cor più non mi sento”ではなく“In cor più non mi sento” としています。意味は違わないと思われるのですが、なぜそうなのでしょうか。もしお分かりになる方がいらっしゃいましたらよろしければご教示くださると助かります。 Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
 

​Discography