top of page
  • YouTubeの
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
_DSC5764-Edit.jpg

 Daisuke Suzuki
Guitarist

_DSC5854-Edit.jpg

Daisuke Suzuki (Guitarist)

​ギタリスト 鈴木 大介

作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、ソロ・リサイタルのみならず、現代音楽の初演やアンサンブル、コンチェルトなどでの明晰な解釈力と洗練された技術によって常に注目を集める 。

 近年はジャズやタンゴ奏者との共演や、自作品を中心とするライヴも行い、また編曲作品はCDやコンサート共に好評で、他のギタリスト達にも演奏・録音されている。

 美術作品からインスパイアされたプログラムも多く、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。

 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチの各氏に師事。マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。

 

Since a Japanese composer, Toru Takemitsu described Daisuke Suzuki as “The guitarist whose sound we’ve never heard before,” he has always been took the lead in new generation of musicians today.

 

Born in 1970, Daisuke Suzuki began guitar lessons at the age of eight with Kazuaki Ichimura.  He continued his guitar studies under Shin-ichi Fukuda and Masahiro Ojiri, and also pursued composition with Tetsuo Kawakami and Yoshiomi Nakajima.

 

By the time of his graduation from Waseda University in 1993(majoring in humanism and musicology), Daisuke had already proved his talent with the first prize in the Japan Junior Guitar Education Association’s Competition (1982), the Kanagawa Prefecture New Guitarist Audition (1986) and the Guitar Competition presented by the Yomiuri Newspaper (1989).  Internationally, he was awarded the third prize in the 1992 Maria Canals de Barcelona International Competition for Musical Performance – Guitar Division.

 

Since 1993, Suzuki’s international activities have made him earn greater recognition both in Japan and abroad, beginning with his victory that year at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with “Omàggio a Andrés Segovia” in Italy.  In 1994, his talents were acknowledged by Japan’s Agency for Cultural Affairs, and he won their scholarship to study for one year at Salzburg’s Mozarteum.  While there, he cultivated his knowledge of period, approaching in the Renaissance and Baroque repertoire, under the tutelage of Elliot Fisk and Joaquin Clerch.  Before returning to Japan, his recitals held in Europe, including Austria, Italy, and the Czech Republic, were highly acclaimed.

 

Suzuki often worked closely to music by Toru Takemitsu, and that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1996), as well as in memorial concerts in 1998~2003. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003.

 

Recently, Suzuki gave recitals in Bankokg, Danmark, and Venesuera, and each received has highly acclaimed.

 

Suzuki released numerous recordings which include RITO (1996), Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997), Française , Cheek to Cheek (1998), and 3 CDs of works by Agustín Barrios Mangoré (1999~2001). Hayashi Hikaru :Guitar Concerto ‘Northern Sail’ (2004). In 2005, his recording, Homage to Catalonia(2005), which contains works by Albeniz, Granados, Mompou, and Jose, won National Arts Festival Excellence award.

 

Suzuki plays guitar repertoires in many genres from classical music to modern and Jazz music and performed with many musicians, not only Japanese but musicians from abroad,  such as Brandon Ross, Claude Bolling, Emily Beynon, Herbert Lippert, Kento Nagano, Martin Taylor, and Pirmin Grehl.

Suzuki won Idemitsu Award(2000) and Art encouragement prize for new person from Japan’s Agency for Cultural Affairs(2006)

Prelude BWV997 (arranged for 8 Strings guitar by Yuichi Imai2022 & played by Daisuke Suzuki )
03:46

Prelude BWV997 (arranged for 8 Strings guitar by Yuichi Imai2022 & played by Daisuke Suzuki )

Prelude from Lute Suite No.2 BWV997 (arranged for 8 Strings guitar by Yuichi Imai2022 & played by Daisuke Suzuki ) 前奏曲 ~リュート組曲第2番BWV997 より 編曲/演奏 : 鈴木大介 guitar : Yuichi Imai 2022 Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
武満徹Toru Takemitsu : 青幻記 Seigenki  arr. by Daisuke Suzuki played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki
07:58

武満徹Toru Takemitsu : 青幻記 Seigenki arr. by Daisuke Suzuki played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki

武満徹Toru Takemitsu : 青幻記 Seigenki 鈴木大介編 arr. by Daisuke Suzuki 演奏:小暮浩史 & 鈴木大介 played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki guitars : Yuichi Imai 2006&2010 成島東一郎監督の1973年2月24日公開の映画「青幻記ー遠い日の母美しくー」は沖永良部島を舞台にした一色次郎作の小説を原作としています。36年ぶりに島を訪れた主人公が、母に思いをよせ回想する美しい映像は、成島東一郎監督が撮影を担当した中村登監督による「紀ノ川」を思い起こさせます。 音楽は、日本の琴を思わせるような曲、叙情的な旋律、そしてガムランにも通じるような琉球音階による快活な曲もあります。1972年暮れにバリ島に旅行した折に、ガムラン音楽に感動し、その後「フォリオス」などの器楽作品にもその影響が見られる武満ですが、公開までの時間を考えるとガムランとの出会いとこの映画音楽は偶然同じ時期に書かれているのかもしれず、とても興味深いです。 “Seigenki (Time within Memory)” is a movie directed by To-ichiro Narushima released in 1973. It is based on the novel by Jiro Isshiki. The story tells about a feeling and nostalgia of a man who visited his home island Okinoearabujima which is a part of Okinawa area for the first time in 36 years and remembers lost mother. Narushima was also very famous for a chef of camera staff for many celebrated films like “Shinju Ten-no Amishima”, “The Man who Left his Will / He died after the War” and “The Ceremony” by Nagisa Oshima, also “Ki-no-Kawa” by Noboru Nakamura. And Takemitsu wrote music scores for those films too. The music for “Seigenki (Time within Memory)” is one of the most beautiful scores by Takemitsu. It shows very Japanese style like Koto music, and Lyric melodies, and also a kind of Okinawa music, Ryukyu music we call, very similar to Gamelan music. Takemitsu visited Bari island in Indonesia in the end of 1972. He was moved by Gamelan music so much and influenced when he wrote “Folios for guitar solo” and “For Away for piano”. It is unlikely that affects Takemitsu to write music for “Seigenki (Time within Memory)” , because the film was opened to public on 24th February in 1973, It seems to tight to discuss about influence between Bari and the movie. Was that only a coincidence?? It's so interesting. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
武満徹:伊豆の踊り子Toru Takemitsu arr by Daisuke Suzuki: Izu Dancer played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki
03:32

武満徹:伊豆の踊り子Toru Takemitsu arr by Daisuke Suzuki: Izu Dancer played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki

武満徹:伊豆の踊り子 Toru Takemitsu arr by Daisuke Suzuki: Izu Dancer played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki 演奏 小暮浩史&鈴木大介 guitar : Yuichi Imai 2006(Spruce/Maple)&2000(Spruce/Brazilian Rosewood) おそらく6回映画化されている川端康成原作の名作、『伊豆の踊り子』。武満徹はその5回目、恩地日出夫監督、内藤洋子主演の1967年版にこの主題曲を書いています。 原曲は弦楽合奏、フルート、オーボエ、ハープ、打楽器、京琴。 この編曲の最後の部分、僕が鳥の声の様な抽象的でランダムな装飾音を弾くところは、フルート2本が非常に細かく装飾音を絡み合わせているのですが、ギターで再現不可能なのはもちろんのこと、原曲の録音を聴いても、全体がアバウトに一つの管楽器による鳥のさえずりの様に聴こえることから‘意訳’する形でギターバージョンを作成しています。 『Izu Dancer (The Dancing Girl of Izu )』is a famous Japanese novel written by Novel Prize Winner Ysunari Kawabata. It has been also made into a movie 6 times (!) until now. Toru Takmitsu wrote this beautiful main theme for the 5th one, directed by Hideo Onchi, the main cast was Yoko Naito. Original score by Toru Takemitsu is writtenn for flutes, oboe, percussion, Kyo-Kin and strings. About The Dancing Girl of Izu → https://en.wikipedia.org/wiki/The_Dancing_Girl_of_Izu
武満徹 Toru Takemitsu : 今朝の秋 Kesa no Aki (with 4th mov. from All in Twilight) played by Daisuke Suzuki
06:57

武満徹 Toru Takemitsu : 今朝の秋 Kesa no Aki (with 4th mov. from All in Twilight) played by Daisuke Suzuki

武満徹〜鈴木大介編 :今朝の秋 (1987) Toru Takemitsu arr. by Daisuke Suzuki : Kesa no Aki 参考 (as a reference) 武満徹:すべては薄明のなかで 第4楽章 (1988) 4th mov. from All in Twilight ↓ 全楽章の演奏(2014年東京 春 音楽祭)はこちら→https://youtu.be/Bq00N6IRe-U All movements of All in Twilight played in 2014 at Tokyo Spring Festival →https://youtu.be/Bq00N6IRe-U 演奏 鈴木大介 played by Daisuke Suzuki guitar :Yuichi Imai 2006 (Spruce/Maple) 武満さんの編曲作品集 映画とテレビ・ドラマのための音楽 より https://shop.schottjapan.com/collections/takemitsu/products/sj1198 「今朝の秋」は笠智衆主演による1987年のテレビ・ドラマの音楽です。 ここでは、原曲の自筆オーケストラ・スコアからのギター独奏編曲と共に、 同時期に作曲されていた、ジュリアン・ブリームのための独奏曲「すべては薄明のなかで」より第4楽章を並べて演奏しています。 「今朝の秋」の原曲の中でもギターで奏でられる感傷的なフレーズが、さらに洗練され、変容させられて「すべては薄明のなかで」の第4楽章につながっていくことをお聴きいただけるはずです。 以下、僕がblogに掲載した編曲ノートより これは山田太一原作による 笠智衆を主人公にしたNHKドラマ3部作の3作目です。 先日、 3つ全部を見直しましたが、 音楽はそれぞれ 「ながらえば」(1982年)→ 湯浅譲二 「冬構え」(1985年)→ 毛利蔵人 「今朝の秋」(1987年)→ 武満徹 と、 豪華な布陣です。 笠智衆も 小津作品のように抑えた演技のみではなく、 様々な面を見せていて 気合が入っています。 とはいえ、 80年代のバブルの最盛期に描かれた 人間模様、 今から考えると とんでもなく殺伐としていたり、 今よりもっと人情紙風船なところも感じます。 同時に、“明治の男”の生き様というか、 身勝手さ、頑なさというのは、 強い意志と献身的な人生への自己犠牲と 表裏一体になっていて、 その辺の哀感というのは 21世紀に生まれた人たちには どう見えるんだろう、 と興味深くもあります。 不景気になったり、 大きな地震が二回もあったり、 災害が起きたり そんなふうにして平成以後の日本は、 少なくとも多少は優しくなったのかもしれないし、 そうではなくてもっと悪いことに、 醜悪なセリフや弱者を 公共の放送で描けなくなってしまったのかもしれない。 どちらかわかりませんが、 80年代に普通だったやりとりは、 僕の記憶にあるはずなのにも関わらず、 見直すたびに不思議になっていく感じもします。 僕の個人的な感想ですが、 この3つのドラマの中では、 主役の笠さんは別として、 「ながらえば」 の宇野重吉と 「今朝の秋」 の杉村春子の 存在の威力というか 演技の破壊力というか、 凄いです。 あ、編曲ノートだった。。。 僕はこのドラマを見る前に、 小学館から発刊されている 武満徹全集の5巻の中で この音楽を発見したのです。 びっくりしました。 どことなく、あれに似ている・・・・・!!!!! そう、「すべては薄明のなかで」の 第4楽章の、何度も転調されて」繰り返される 主題に、です。 しかも「すべては薄明のなかで」は 1988年10月の初演ですので、 やはりドラマの直後の作品なのです。 なのでこの2つの作品は関連性があると思ってます。 ドラマ「今朝の秋」の音楽は ギターだけでなく、ストリングス、フルート、クラリネット、他管楽器、 そして打楽器など、様々な小編成の管弦楽で演奏されていますが、 それにしてもこのメインテーマと、 ドラマの舞台となっている信州の自然のマッチングと言ったら、 思い出すだけで ちょっと涙腺がゆるみそうな感じです。 This is from the published score Toru Takemitsu : Film Scores arranged by Daisuke Suzuki https://shop.schottjapan.com/collections/takemitsu/products/sj1198 “Kesa no Aki” is a TV drama in 1987. Takemitsu wrote sound tracks for the drama. It is a the last one of three drama series that features Chishū Ryū ,who is famous for the movies by Yasujiro Ozu, as a leading actor. “Kesa no Aki” means like ‘Autumn in this morning’ . It is a kind of idiom for describing a feeling for the very beginning of Autumn. The drama tells a story of the man who got terminal cancer but doesn't know about it and his family especially his father trying not noticing about it. Drama draw a suffer to accept mortality and a tranquillity of the end of life very quietly. Takemitsu wrote a music for solo guitar commissioned by Julian Bream and the piece named “All in Twilight” premiered in 1988. Here I play Kesa no Aki and the 4th movement from All in Twilight . You can find a similarity between two musics with much curiosity. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
武満徹 (鈴木大介&松尾俊介編):黒い雨  Black Rain by Toru Takemitsu arr. by Daisuke Suzuki & Shunsuke Matsuo
07:38

武満徹 (鈴木大介&松尾俊介編):黒い雨 Black Rain by Toru Takemitsu arr. by Daisuke Suzuki & Shunsuke Matsuo

武満徹 (鈴木大介&松尾俊介 編):黒い雨 Black Rain by Toru Takemitsu arr. for 2guitars by Daisuke Suzuki & Shunsuke Matsuo 演奏 played by 小暮浩史 Hiroshi Kogure 鈴木大介 Daisuke Suzuki guitars : Yuichi Imai recorded by Toshiyuki Takahashi cameras : Fumiatsu Hattori & Hiroshi Kogure video edited by Hiroshi Kogure English below↓ 今村昌平監督作品『黒い雨』(1989)は井伏鱒二作の1965年の小説『黒い雨』をもとに作られた映画で、武満さんがそのための音楽を書いています。 この映画のためのスコアの自筆譜には2つの種類があります。ひとつは武満さんによるオリジナルのオーケストラ・スコア、もうひとつは弦楽器の休符や各楽器への音の振り分けがより詳細に書き込まれた池辺晋一郎先生による浄書版です。 武満さんによる自筆譜には、作曲上のイマジネーションが垣間見えるような閃きを感じますし、池辺先生のスコアにはより細密なオーケストラを整理するための職人技を見ることができます。 僕はその中から、M1,2,12の3つの部分を取り出して編曲しています。 これらには、有名なテレビドラマ『波の盆』のための音楽に現れるのと同じモティーフが登場するのですが、『波の盆』にも広島の原爆投下のエピソードがあるため、僕自身はこれは武満さんにとっての‘原爆の’モティーフなのではないかと感じられます。 この編曲を作るに際し、友人である松尾俊介くんに多大な助力をしてもらっています。 “Black Rain” directed by Shohei Imamura in 1989 is a movie about the atomic bomb in Hiroshima on 6th August 1945. After explosion of atomic bomb, it rained black ash rain consisted of radioactive substance in several parts in Hiroshima. People who got black rain later suffered from radiation exposure for many years. Japanese novelist Masuji Ibuse (1898-1993) wrote a novel “Black Rain” in 1965. The movie by Imamura is based on it. Takemitsu wrote soundtrack for the movie. I arranged this 2 guitar version direct from Takemitsu's manuscript. But there's two different version of manuscripts, one is by composer himself, another is by Shin-ichiro Ikebe, a Japanese composer who assisted to make orchestration from sketches by Takemitsu. Takemitsu's own manuscript show more raw and lively imagination by the composer. On the other hand, Mr. Ikebe's score had more information about pause in strings section to make harmony clearer , and notations for more precise instrumentation. Ikebe also composed musics fro many films, including those by Kurosawa, Kitano, etc. Here I chose 3 sections from film score. M1,2,12. They uses the same motives as few parts from music for TV Drama “Nami no Bon” that has also episode about Hiroshima's atomic bomb. So I think that motives are a kind of “Atomic Bomb motives” for Takemitsu. Shunsuke Matsuo is one of my colleagues, playing many concerts in Japan. He had a big help for making this arrangement. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
武満徹:どですかでん Dodes'kaden by Toru Takemitsu (arranged by Daisuke Suzuki) 小暮浩史/鈴木大介
04:55

武満徹:どですかでん Dodes'kaden by Toru Takemitsu (arranged by Daisuke Suzuki) 小暮浩史/鈴木大介

武満徹〜鈴木大介編:どですかでん Dodes'kaden by Toru Takemitsu arranged by Daisuke Suzuki played by Hiroshi Kogure & Daisuke Suzuki guitars : Yuichi Imai Recorded at Oumi Gakudo 6/13/2021 Recording engineer : Toshiyuki Takahasi Camera : Fumiatsu Hattori & Hiroshi Kogure Edit : Hiroshi Kogure 1970年の黒澤明監督作品『どですかでん』は、日本の貧しくがむしゃらな最後の戦後の一時期を幻想的に描いた群像劇です。ちょうど同じ年に生まれた僕も、ほんとうに朧げではありますが、あのような風景が記憶のどこかに眠っています。 武満さんの音楽は明るく、同時に少し哀しく、ちょっと戯けたような雰囲気も持ち合わせたとても美しい音楽で、ここでは映画の中に現れるいくつかのテーマをメインテーマと共に演奏しています。 これまで、 2000年に渡辺香津美さんと、 https://tower.jp/item/3089368 昨年、荘村清志さんと https://tower.jp/item/5101292/DUO2 レコーディングしており、 どちらも尊敬する先輩との感動の共演でしたので、 ぜひそちらもCheckしてみてください!! なお、この作品は以下のように出版されています。 https://shop.schottjapan.com/collections/takemitsu/products/sj1198 以下に、以前に僕のblogに書いた編曲ノートを引用します。 「どですかでん」のメインテーマは 2000年に発売された同名のアルバムの中で 渡辺香津美さんと共演するために編曲したのが最初です。 この時はメイン・テーマをもとに 映画にも出てくる弾むようなヴァンプの後 香津美さんのアドリブが入るアレンジでした。 その後、香津美さん、cobaさん、ヤヒロトモヒロさんと僕のカルテットで 武満さんの映画音楽を演奏するバンドが何年か行われていたときに、 cobaさんによるこの曲のアレンジで、 今回の編曲のリハーサルマークBとCのパートのテーマが使われていました。 「どですかでん」で武満さんを知って心酔し、 師と仰いだcobaさんならではの慧眼がとても印象に残りました。 これは今記憶を頼りにお話ししていますが、 黒澤監督はご自身で映画のサウンドトラックにふさわしい クラシックの名曲のイメージを予め思い描いてしまわれることがあるそうで、 この「どですかでん」(の多分メインテーマ)も 『ビゼーの「アルルの女」のような曲』、 とリクエストされて武満さんがお困りになった、と言う話をどこかで 読んだことがあります。 確かに黒澤監督の初期の作品、「素晴らしき日曜日」でも あらすじに大きく影響してくるシューベルトの「未完成」をはじめ 「楽興の時」なども使われていますし、 クラシック音楽への造詣が深い監督だったのですね。 2016年の武満徹さん没後20年のときに、 今回出版された映画音楽の大半を編曲し、録音したのですが、 その時にたくさんの武満さんの映画音楽の自筆スコアを参照できる機会を得ましたので ついでに「どですかでん」のスコアも勉強してありました。 昨年、 延期となったハクジュ・ギターフェスタの代わりに 荘村清志さん、福田進一先生、大萩康司さんと 様々な組み合わせでデュオを収録したアルバム『DUO2』を製作するにあたり、 清志さんから『「どですかでん」を』と言うリクエストをいただいたので、 大きく手を加えてアレンジし直したものが 今回の出版バージョンの基になっています。 香津美さんとのバージョンから、 先に述べた今回の譜面のリハーサルマークBとCの部分のテーマを 自筆スコアからの編曲で増やし、 アドリブ・パートだった部分をアップテンポのテーマの繰り返しにしました。 僕の最初の編曲稿では、 イントロダクションに戻らず、速いテーマの後 今回の編曲譜の61~64小節のヴァンプを経て、 清志さんのゆっくりのテーマに直接戻る予定でしたが、 清志さんが『どうしても大介にもう一度美しいイントロを弾いて欲しい』 とリクエストされまして、ダ・カーポすることにしました。 結果として今の形になってとても良かったと思います。 荘村清志さんに大感謝です。 ところで、この清志さんとの演奏録音ですが、 清志さんが特にダ・カーポ後のメイン・テーマで聴かせてくださった これ以上心を込められないくらいの 艶やかなヴィブラート、隣で伴奏していて涙がこぼれそうでした。 Akira Kurosawa's Film “Dodes'kaden” in 1970 shows us a kind of typical scene in Japan at ‘Post World War II’. It’s poor, reckless, and hopeful. Takemitsu's music also tell us the atmosphere in those days, Happy and playful at the same time with deeply sadness. I arranged this song at the first time to play with famous Jazz Maestro Kazumi Watanabe in 2000. We had also recorded the album titled “Dodes'kaden” https://tower.jp/item/3089368  At that time Kazumi san did many of marvelous improvisation on that, so I didn't write everything in notation. But last year, Maestro Kiyoshi Shomura, who is the one to whom Takemitsu wrote most of his guitar solo pieces, wanted me to arrange all the notes written so as to play it with one of his students. Then we made recording together, it was so happy recording and Kiyoshi san's beautiful tone and performance made me cry.... https://tower.jp/item/5101292/DUO2 You can get music score of this from Schott Japan. https://shop.schottjapan.com/collections/takemitsu/products/sj1198 Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
夢千代日記 Yumechiyo Nikki by Toru Takemitsu arr. for 2 guitars by Daisuke Suzuki
02:24

夢千代日記 Yumechiyo Nikki by Toru Takemitsu arr. for 2 guitars by Daisuke Suzuki

夢千代日記 Yumechiyo Nikki by Toru Takemitsu arr. for 2 guitars by Daisuke Suzuki Played by Hiroshi Kogure / Daisuke Suzuki guitars : Yuihi Imai Recorded at Oumi Gakudo 6/13/2021 Recording engineer : Toshiyuki Takahasi Camera : Fumiatsu Hattori & Hiroshi Kogure Edit : Hiroshi Kogure テレビドラマ「夢千代日記」は1981年から3期にわたってNHKで放映されました。 主人公の夢千代は母の胎内において広島の被曝をしており、その芸者としての日常と根底にある被爆者としての物悲しさが武満徹の音楽によって彩られています。 この編曲は武満さんのオーケストラ・スコアの自筆譜からのもので、日本ショットから出版されています。 こちらでお求めになれます。 https://shop.schottjapan.com/collections/takemitsu/products/sj1198 Yumechiyo-Nikki is a TV drama in 1981, later next chapter in 1982 and 1984. Takemitsu wrote sound tracks for all seasons, the music is very famous for its beauty. Yumechiyo is a name of a Geisya who had nuclear exposure for Hiroshima from her fetal age. The story is her life as a Geisya and deep sadness of survivors.... I arranged this directly from Takamitsu manuscript for Orchestra, it is published by Japan Shott Music Co.Ltd. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude
武満徹 Toru Takemitsu :燃える秋 Glowing Autumn ( arranged and played by Daisuke Suzuki )
05:40

武満徹 Toru Takemitsu :燃える秋 Glowing Autumn ( arranged and played by Daisuke Suzuki )

武満徹 (鈴木大介 編) 燃える秋 Toru Takemitsu ( arranged by Daisuke Suzuki ):Glowing Autumn played by Daisuke Suzuki guitar : Yuichi Imai 2000 ( Spruce / Brazilian Rosewood ) 『燃える秋』は1978年に公開された小林正樹監督による、五木寛之原作の映画です。 武満さんはまさに豊穣な響きの音楽をこの映画のために書いています。ハイファイ・セットによって歌われた主題歌もとても人気でした。 この映画のサウンドトラックのなかで、武満さんはとても緻密なタンゴのスコアをバンドと弦楽器アンサンブル用に書いています。 ここでは、そのタンゴとそのほかのいくつかの小曲をオリジナルのオーケストラ・スコアからギターに編曲しています。ただし、現在残されているサウンドトラックのスコアの中にメイン・テーマの楽譜のみが発見できませんでした。この曲は当時ヒットしたそうなので、何度か再演されているうちに失われてしまったものと思われます。 そこで、武満さんご自身が編曲された‘Songs”のためのアレンジを引用し、ギターで演奏して効果的に考えたものを作成してタンゴおよびいくつかの小曲と連結したアレンジをしました。 “Glowing Autumn” is a Japanese movie in 1978 directed by Masaki Kobayashi based on a novel written by Hiroyuki Itsuki. Toru Takemitsu wrote a highly fertile score for this film. Especially he wrote a theme song sang by Hifi Set , Japanese pop group, and hit well then. In the soundtrack of the film, Takemitsu wrote a beautiful Tango played with combo and also with string orchestra. For the Tango band, Takemitsu had written all the notes that had to be played precisely, wrote even each notes for bandoneon, piano, violin, bass. Here I arranged that Tango and some short motives from manuscript by Toru directly for guitar, and connect the main theme sang by Hifi Set, which is also famous for book of ‘Songs’ by Takemitsu himself. Though I looked carefully at original orchestra score for the movie when I made arrangement, but I couldn't find those for main theme. Maybe because main theme was popular since composer's life time, so that the score was re-used for several opportunity of live performance and lost on some occasion. So I quote the composer's own accompaniment arrange for ‘Songs” and make it effective on guitar. Daisuke Suzuki is known for his rich tone, musical sensitivity and strong feeling for tonal color, supported a masterful technique. Since 1993, beginning with his victory at the Citta de Alessandrea, Concorso Internazionale de Chitarra Classica with Omággio a Andrés Segovia in Italy, Suzuki’s international activities have earned him great recognition both in Japan and abroad. Suzuki is considered the foremost interpreter of the music of Toru Takemitsu, which was acclaimed by The composer who praised his playing, saying, “one rarely has the opportunity to hear a performance like his.” And that gave him an honor to perform in the Saito Kinen Festival’s Toru Takemitsu Memorial Concert (1997), as well as in memorial concerts in 1998~2010. In 1999, he played a recital on the anniversary of Takemitsu’s death in Tokyo Opera City concert hall, ‘Takemitsu Memorial,’ and also performed his guitar concerto, ‘To the edge of dream,’ in 2003. Nowadays many Japanese composers offered him to play premiere of their works and recordings, which also includes guitar concertos. Suzuki has released numerous recordings, including Complete Collection of Guitar Works by Toru Takemitsu (1997). Other CDs include “Homage to Catalonia” which was awarded the ‘Art Work Prize of the Agency for Cultural Affairs’ in 2005, After the first release of “The Cinema Paradise” which is covered album of film music for solo guitar, it has been released four more CDs of the same series by 2015. 鈴木大介 作曲家の武満徹から「今までに聴いたことがないようなギタリスト」と評されて以後、新しい世代の音楽家として常に注目され続けている。  マリア・カナルス国際コンクール第3位、アレッサンドリア市国際ギター・コンクール優勝など数々のコンクールで受賞。  現代音楽の初演や、アンサンブルとコンチェルトの膨大なレパートリーでの、明晰な解釈力と洗練された技術は、多方面からの評価を確立し、難度の高いプロジェクトにおけるファースト・コール・ギタリストの位置を維持している。 最高水準と言われる武満徹作品の解釈のみならず、これまでに、多くの作曲家からギター協奏曲を含む多くの作品の初演を依頼されている。 美術作品からインスパイアされたプログラムにも積極的で、これまでに国立新美術館「オルセー展」、ブリジストン美術館「ドビュッシー展」、都立現代美術館「田中一光展」を始めとする多くの美術展でのコンサートを成功させている。 これまでに市村員章、福田進一、尾尻雅弘、エリオット・フィスク、ホアキン・クレルチ各氏に師事。第10回出光賞、第56回芸術選奨新人賞を受賞。 #ギター#鈴木大介#guitar#daisukesuzuki#etude